2015年07月10日
愛知労働局では、長時間労働の削減や休暇の取得促進などの「働き方改革」の取組を進めています。

この取組の一環として、愛知県内の各企業・事業所が自主的に、労働環境を根本から見直し、時間外労働の抑制や休暇取得を推進するとともに労働者の生活スタイルや家庭責任、地域貢献等に対応できる多様な働き方・効率的な働き方に変えていく取組を広げるための気運の醸成を図るため、愛知労働局、愛知県や愛知県商工会連合会をはじめ県内主要労使団体が「愛知『働き方改革』に向けた共同宣言」を行っています。

また、「働き方改革」のひとつとして、時間外労働が必要な場合などは、朝早く出勤し、長時間に及ぶ可能性が高い夜間の時間外労働を行わない「朝型勤務」や、「フレックスタイム制」を活用した朝の時間帯にシフトした勤務などを、明るくなる時間が早い夏場に導入するなどの「夏の生活スタイル変革」(通称「ゆう活」)を政府では推奨しています。

各企業でもこの期間に取り組んでいただくようお願いします。

「働き方改革」の詳細や「共同宣言」の内容は、愛知労働局のホームページをご覧ください。(検索エンジンで「愛知の働き方改革」と入力し検索してください。)

< お知らせ一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る