2019年08月21日
「愛知県多言語コールセンター」を開設

訪日外国人旅行者数は2018年には3,000万人を突破し、過去最高を記録しました。
愛知県においても、本年秋のラグビーワールドカップ等、世界的なイベントの開催により、更なる外国人旅行者の増加が見込まれています。
そこで、愛知県では、外国人旅行者及び中小規模の観光関係事業者を対象とした「愛知県多言語コールセンター」を開設し、6月11日(火曜日)午前9時から運用を開始しています。
この取組により、外国人旅行者に快適に滞在していただくとともに、中小規模の観光関係事業者が外国人旅行者の受入れに対し安心して取り組める環境を整え、誘客促進につなげていきます。

詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kokusai-kanko/tagengo-callcenter2019.html

愛知県多言語コールセンター概要

1 対象者 
・中小企業基本法に該当する愛知県内の観光関係事業者(宿泊施設、免税店、飲食店等)、観光施設、観光案内所等  
※交通事業者は対象外となります。
・外国人旅行者
2 開始日時
2019年6月11日(火曜日)午前9時
3 対応言語(9言語)
英語・中国語・韓国語・タイ語・ベトナム語・タガログ語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語
4 運用時間
24時間365日 ※タイ語は午前9時~午後6時、ベトナム語、タガログ語、フランス語は午前10時~午後7時
5 サービス内容
(1)電話通訳サービス
宿泊施設や免税店などの観光関係事業者が外国人旅行者を接客する時などに、コールセンターのオペレーターが
電話を介して通訳を行います。また、外国人旅行者のコールセンターへの直接の問合せにも対応します。
(2)翻訳サービス
飲食店のメニューや施設案内などの翻訳を実施することで、多言語表示の支援を行います。 
6 利用料
無料
※通話料は各事業者が負担。外国人旅行者の通話料は無料(スマートフォンなどの通信機器とWi-Fi等の通信環境が必要です。)。
7 留意点
・本サービスは日常会話程度を想定し、医療通訳や法律相談などの専門的な通訳・翻訳は対象外となります。
・事業者の利用には登録(無料)が必要です。外国人旅行者の利用については、登録は不要です。

< お知らせ一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る