2015年11月02日
雇用の分野で障害者に対する差別が禁止され、合理的配慮の提供が義務となります。

「障害者雇用の促進等に関する法律」を改正 平成28年4月1日から施行

 

● 雇用の分野での障害者差別を禁止

募集・採用、賃金、配置、昇進などの雇用に関するあらゆる局面で、障害者であることを理由とした障害のない人との不当な差別的取扱いが禁止されます。

● 雇用の分野での合理的配慮の提供義務

募集・採用時、採用後において、障害者に対する合理的配慮の提供が義務となります。

● 相談体制の整備、苦情処理・紛争解決の援助

相談窓口の設置など、障害者からの相談に適切に対応するために必要な体制の整備が義務となります。また、障害者からの苦情を自主的に解決することが努力義務となります。

 

◇ご不明な点は、最寄りのハローワーク又は愛知労働局職業対策課(電話:052-219-5507)にお問い合わせください。

詳細については、厚生労働省ホームページ「障害者雇用対策」に関係資料が掲載されています。

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shougaisha_h25/index.html

④【障害】周知用リーフレット.pdf

< お知らせ一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る